医療機関にまずは相談をしてみましょう

専門家での検査

どこで治療できるのか

 アレルギー性鼻炎は原因がよくわからず、ただ年がら年中、鼻が詰まる、鼻水がとまらない、くしゃみが続くなどとても辛いものです。  まずいって欲しいのが耳鼻咽喉科です。ここはアレルギー性鼻炎の専門です。そしてもう一つ考えて欲しいのが、皮膚科と呼吸器内科です。  アレルギー性鼻炎を患っている方の中には、実は皮膚がとても弱い、アトピー性皮膚炎だ、もしくは咳も出ている、呼吸が苦しいといった方もいます。  人それぞれですが、これからはアレルギー性鼻炎と同じ何かの原因物質に強く反応している可能性があるのです。  ですからまずはその原因の特定をすることが必要なのですが、それはもちろん専門である耳鼻咽喉科でもできますし、検査は皮膚科や呼吸器内科でのやっていますのでこれらも専門家といえるでしょう。

どんな薬が効果的なのか

 花粉症に代表されるアレルギー性鼻炎を防ぐには主に二つ方法があるのではないでしょうか。実際に花粉などのアレルギー物質を取り込まないようにするためのもの、そしてそのアレルギー反応を抑えるもの二つです。  アレルギー物質を取り込まないようにするためにはアレルギー性鼻炎の場合、マスクが一番に効果てな商品ではないでしょうか。  そして薬ですが、これは様々なものが市販されており、どれがいいか迷ってしまうこともあると思います。  そんなときは薬剤師に相談するのがとてもいいでしょう。  眠くなる成分を含まないものや、一日1回の服用ですむものまで様々な商品が出ています。  自分の体調や生活環境、生活リズムに合わせた鼻炎薬を飲むのがいいでしょう。