医療機関にまずは相談をしてみましょう

体質改善

生活環境の変化

アレルギー性鼻炎や花粉症で悩んでいる患者さんは全国でも少なくないでしょう。 特に2月から3月にかけてのスギ花粉症で悩まされている患者さんの数は多いかもしれません。ある疫学調査によれば、全国でスギ花粉症の有病率は20%を超えているというデータもあるようです。 また花粉症のように季節性ではなく通年性のアレルギー性鼻炎で悩んでいる患者数も増えているようです。この病気が増えている背景には気密性の高い住宅によるハウスダストや大気汚染やストレスの増大などが影響しているようです。 このようにしてみるとアレルギー性鼻炎の患者が増えているのは、近年の生活環境の変化が影響しているようです。症状改善のためには日々の生活環境を見直すことも大切かもしれません。

新しいアレルギー疾患

アレルギー性鼻炎の患者は今後も減ることはないだろうと考えられているのが一般的な見方のようですが、引き続きの調査が必要であるといわれています。 また、治療についても新しい治療法が出てくるかもしれません。アレルギー性鼻炎というと今は症状を抑える対症療法が中心のイメージがありますが、アレルギー性鼻炎はアレルギー性の疾患であるため根本的な治療として免疫的な治療が確立されるかもしれません。現在では特異的減感作療法という方法でアレルギー反応が過剰に起こる体質を免疫的に起こりにくくさせる状態へと改善させて、それによってアレルギーの症状を起こりにくくさせる治療があります。 将来的にはこれ以外の新たな免疫療法が確立させるために研究が行われているようです。