医療機関にまずは相談をしてみましょう

感染予防

ノロウイルスの特徴

 ノロウイルスは、集団食中毒等を引き起こすウイルスです。冬期に感染シーズンのピークを迎えるため、この季節になると特に注意喚起が行なわれます。感染元になる食材としては二枚貝が有名です。充分な加熱が行なわれていない二枚貝を食べて、感染してしまう場合が少なくないのです。  ノロウイルスの代表的な症状としては、突然の嘔吐や下痢等があります。他にも発熱や呼吸器症状を伴うケースもあります。また、重症になると脱水症状や、ごく稀に痙攣等の症状を起こす場合があります。  食中毒の場合にはノロウイルスが体内に入ってから、12〜48時間程度で症状が出始めます。症状は数日で落ち着く事が多いですが、しばらくの間は注意が必要です。

具体的な感染予防方法

 ノロウイルスは近くに感染した人がいると、その周囲にいる家族等にもうつる可能性があります。感染者の吐瀉物や便に菌が含まれているため、それらに触れたりする事でうつってしまうのです。このようにしてノロウイルスは広がっていきます。そのため、感染しないように予防対策に力を入れる事が大切になります。  ノロウイルスに感染しないためには、調理器具等の消毒を徹底する事がポイントになります。まな板や包丁、食器等は特に念入りに消毒をします。ただ、ノロウイルスは環境に強いウイルスなので、一般的な消毒方法では効果が少ないです。効果的な消毒方法は加熱消毒になります。85度以上のお湯で1分以上加熱するのが良いです。  また、手を洗う場合には石鹸で丁寧に洗うのが効果的です。一般的に効果的とされるアルコール消毒は、ノロウイルスにアルコールへの抵抗性があるので効果が薄いです。